ランドクルーザー60

ランドクルーザー60
1980年代ならではの哀愁あるフォルム、
それでいて剛健質実。現代車でよく見られる流線形は感じられず、とにかく男くさい。

20代後半から30代前半の方は、自身と同級生の一台に出会えるかも。

この車は生産された年代によって各パーツが異なり、そこがマニアにはたまらないポイント。

まずはヘッドライト。

2種類あり、角目と丸目。

その名の通り四角い横長のライトが角目、丸いライドが丸目。

同じ車でもヘッドライトが違うだけで、雰囲気はガラリと変わり、
所有者の中には角目仕様のランクルを購入後、丸目に変える方もいるとか。

古い年代の車でありながら、各種パーツが多いのも人気の流理由らしい。

2つ目はトランクの扉。

上下に開くタイプと左右に開く観音開きタイプ。

私は観音開き派閥だが、どちらにしても後ろ姿で個性を主張できるなんてニクい車だと感じさせられる。

その他にもルーフをローフルーフにしたり、リフトアップして車高を調整するなど
自分好みにアレンジできる汎用性の高さも魅力の一つ。

【PR】
中古車を売るには高く売れる時期の見極めも大切!

車買い替えタイミングで高く売る
http://xoreaxtest.com/